IT分からんわ~_~;

IT色々お勉強中のブログ

GitHub draft使う

PR出すとき、WIPを使うことがあると思うがそれの互換機能

いつものPR作成時のプルダウンに新しく「Create draft pull request」ていうのが出てくる

f:id:babababand:20210310122749p:plain

f:id:babababand:20210310143744p:plain

draftのバッチがつく

「ready for review」ボタン押すと普通のPRになる

f:id:babababand:20210310143922p:plain

普通のPRもreviewerのとこの「Convert to draft」押すとdraft prになる

f:id:babababand:20210310144122p:plain

ファイルの改行コードを変更して保存

rubycsvファイル読み込んで処理をしようとしたらエラーになったので

`block (2 levels) in shift': Unquoted fields do not allow \r or \n (line 1). (CSV::MalformedCSVError)

改行コードが悪いっぽい vimで開いて改行コード変更

Windowsの形式を指定。

:set ff=dos

Macの形式を指定。

:set ff=mac

Unixの形式を指定。

:set ff=unix

今回はUnixの形式に変更して保存

npmパッケージバージョン指定インストール

普通にインストール

npm install パッケージ名

次のコマンドでは、グローバルにパッケージをインストールする。コマンドをインストールした場合はパスを指定しなくてもどのディレクトリでも動くようになる。

npm install -g パッケージ名

npm list

version 指定してインストール

npm install -g serverless@2.19.0

nodebrewを使ってnodeバージョンアップする

使用できるnode

nodebrew ls-remote

vesion 指定インストール

nodebrew install-binary v14.15.4

使用する

nodebrew use v14.15.4
node --version

インストールしているnode version

nodebrew ls