読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT分からんわ~_~;

IT色々お勉強中のブログ

introjs

#Gemfile
gem 'introjs-rails', '1.0.0'

#css
/*
*= require introjs
*/
#javascript
//= require introjs
$ ->
  $('#js-intro-button').on 'click', ->
    introJs().start()
        = link_to edit_path(@com), 'data-step':1, 'data-intro': 'it is link' do

sidekiq,redis内容確認方法

irb(main):001:0> queue = Sidekiq::Queue.new('default')
=> #<Sidekiq::Queue:0x007f95049d9680 @name="default", @rname="queue:default">
irb(main):002:0> queue.size

#処理待ちのjob
Sidekiq::Queue.new.each {|job|puts "#{job.jid} #{job.klass} #{job.args}"}

#リトライ待ちのjob
Sidekiq::RetrySet.new.each {|job|puts "#{job.jid} #{job.klass} #{job.args}"}
#消す!!
Sidekiq::RetrySet.new.each {|job| job.delete}

Redisとは

メモリ上にKey-Valueストア(KVS)を構築することができるソフトウェアの一つ。

redis-cli
127.0.0.1:6379> help
redis-cli 3.0.7
Type: "help @<group>" to get a list of commands in <group>
      "help <command>" for help on <command>
      "help <tab>" to get a list of possible help topics
      "quit" to exit

127.0.0.1:6379> set wanko bow-wow
OK
127.0.0.1:6379> get wanko
"bow-wow"
127.0.0.1:6379> del wanko
(integer) 1

#入ってるもん確認?
redis-cli KEYS '*'

JQuery javascriptの基本

どうしても忘れてしまうのでメモ

$(セレクタ).イベント(function(e){
  $(this)

eはjQuery.eventが返ってくる e.target.valueはクリックしたもののvalue $(this)でイベントの発生元($(#hoge)こんなんと一緒)

e.preventDefault()その要素のイベントをキャンセルし、stopPropagation()は、親要素への伝播をキャンセルする。

FormData クラスは、HTML5 世代の機能 要素内に存在する、すべてのコントロール要素の name と value 属性値を抽出し、1つの FormData オブジェクトにまとめる事ができる var formData = new FormData(); formData.append(“parent_id”, data);

JavaScriptのセミコロンを省くと起こること

qiita.com

pushStateとは HTML5から追加されたHistory APIのメソッドで、ページ遷移なしでスタックのみを積む(ブラウザの履歴を追加する)ことが出来

rails_autolink使ってみるよ

文字列中のURLにリンクを追加する方法

Gemfileに以下を記述

gem 'rails_autolink', '1.1.6'

view

        .form-contro = auto_link(simple_format(nl2br @message.content), html: {target: '_blank'})
or
        = auto_link(text_format @topic.content, html: {target: '_blank'})

いやぁ、便利なものですね〜

vimfilter使い方備忘

記憶からよく消えるので

  • 起動
:e .

キーバインド

Tab バッファ切り替え

  • 全ファイルの選択をトグル

r カーソル下/選択 ファイルの名前を変更

m –/選択 ファイルを移動

c –/選択 ファイルをコピー

p – ファイルをペースト

d –/選択 ファイルを削除(ゴミ箱への移動)

D –/選択 ファイルを削除(rm 相当)

u –/選択 ファイルをゴミ箱から復元(d によって削除したもののみ有効)

K – 新規ディレクトリを作成

N – 新規ファイルを作成

h 上位のディレクトリに移動

\ ルートディレクトリに移動

~ ホームディレクトリに移動する

ActiveRecord忘れるので覚書

  • saveメソッドは、保存できない場合falseを返します。
  • save!メソッドは、保存できない場合例外ActiveRecord::RecordInvalidが発生します。

  • カラム名_changed?でそのカラムが変更されたか分かります。

  • model.changes {“report”=>[“こんばんわ報告”, “こんばんわ報告更新するよ\r\nどうすんの”]} 変更前と変更後の値が出る

  • save(:validation => false)はバリデーションをスキップ

  • .build や build_xxx buildを使うと親モデルに対する外部参照キーを自動でセットできるらしい